スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金をふやす本当の常識 山崎元




分からない運用商品には手を出さない
大切なお金を訳の分からないものに投じることはできない。「自分だけで」かつ「完全に」説明できないものに
は投資しないという固い意思を持つことが大切。

自分の投資に関する判断はあくまでも自分で行うことを原則とするべき。

投資金額の判断は自分でする
ファイナンシャル・プランナーなどの投資のプロに現在の手持ち金額を提示して何で運用したらよいか相談をするべきではありません。相手は投資のプロで、証券仲介業のアドバイザーであれば証券会社に有利となるようなアドバイスと知らず知らずのうちに受けている可能性もある。医薬分業という形で、中立の立場である投資のプロにアドバイスを受け、判断は自分自身で行うスタイルを持つことが大切。

稼ぐ能力を鍛える
マネー・プランを全体として考えると、自分自身の稼ぐ能力を増加させることの重要性もわかります。この稼ぐ能力の増強のためには、英会話学校や大学院にいったりするなど、ある種自分自身への「投資」であり、「自分という資産」の運用です。

人生の時間は有限なので、「自分の株価」は、年齢とともに落ちる傾向を持っている。しかし、年齢が上がっても仕事の能力の向上や、健康の改善による「自分の株価」を改善することが可能です。

家計のバランスシートと損益計算書
投資を行う前に、まず家計に関する以下の数字を集めること。厳密ではなく、状況を大まかにつかめればよい。
  1. 金融資産
  2. 実物資産
  3. 短期負債
  4. 長期負債
  5. 年間収入
  6. 年間支出
金融資産は、現金、預金、株式、投資信託など簡単に(数日で)換金できるものの合計。実物資産は、不動産、高い車の場合は自動車も含まれる。取得価格ではなく、売値。

短期負債はカードローンなどでゼロが望ましい。長期負債は住宅ローンあるいは自動車ローン。

<家計の簡易バランスシート>
 自己資本=(1+2)-(3+4)

<家計の簡易損益計算書>
年間余裕=5-6

・金融資産<短期負債の場合、財政建て直しが必要。
・住宅ローンがある家庭は投資に向かいない。(住宅ローンの返済は、リスクなしに高利回りで運用するのと同じ)
・自己資本が年間支出額の2~3倍あって、かつこれが金融資産でカバーされていれば、ある程度安心な家計。
・ある程度の備えを持てば、生命保険にお金をかけずに済む(生命保険は端的に言えば賭け損、できるだけ加入せず必要なものだけ泣く泣く加入する)

若者の投資比率
若者がリスクを取れるのは運用期間が長いからではなく、将来稼げるから。そのため、若者と言えど個人個人の将来を考えた上で投資比率を決める必要がある。世の中に言われているような年齢で決まる投資比率をそのまま鵜呑みにするアドバイスは不適切。

初心者向け投資
リスク資産の組入れ額は以下の計算式で決められる。
 X=(L+M*i) / (d+i)

L:損失許容額(円)
M:マネー運用額全体(円)
X:リスク資産に投資できる額(円)
d:リスク資産の年間最大損失額
i:安全に運用できる利回り

一般に年間支出の2年分くらいの蓄えがあると安心といわれているが、そこまで貯まっていない場合は、1年間の貯蓄可能額くらいまでが損失許容額の上限。

ドルコスト平均法は有利ではない
ドルコスト平均法は、しばしば積み立て投資を勧誘する際に登場します。株式のような価格が変動する投資対象に一定金額ずつ投資する方法。平均買い付け額が低下するから有利とされていますが、株価次第では不利に働くので別段有利ではない。

投資に必勝法は無い
いかにも儲かる必勝法的な本があるが、儲かる方法を他人に教えることは経済合理的ではないから、他人に教えてもらった必勝法が本当に有効なはずなはい。また、運用の世界では、プロが必ずしも立派に稼げる訳ではない。(分散投資に使える金額余裕があるメリットはあるが)

個別株の投資メリット
著者は以下の理由で個別の株式への投資をお勧めしている。
  1. 個別株の投資がそれ自体として面白い
  2. 手数料コストがハッキリしている
  3. 個別株への投資が、投資化の自己責任を実感させてくれる

個別企業の株に投資する手順
  1. 興味を持つ
  2. PERを見る
  3. 増益率を見る
  4. PERと増益率を同業種の他の銘柄と較べる
  5. 過去の利益予想の変化と株価の変化を比較する
  6. 出来高を見る
  7. 他の持ち株との関係を考える

・投資の入門段階では、気を配るべき指標はPER(株価収益率)だけで十分。
・過去の時点の予想(過去2年間分の四季報)をチェックする。

株式投資の3つの基本技
著者が実際に個人的に投資を行いうまくいった投資の分類は以下の3パターン。
  1. アーニング・サプライズ投資
  2. バリュー投資
  3. イベント投資

アーニング・サプライズ投資
会社の情報を得て株を買う方法。株式投資は、利益予想の変化に伴ってどこかにチャンスが生じないかという投資家同士の駆け引き。利益予想の中で最も質の良いデータは、多くの場合、アナリストの予測ではなく、会社発表です。

バリュー投資
PERが低い株を買う方法。PERだけではなく、増益見通しが出ており、有利子負債が総資産の十数パーセントと安定、出来高が乏しく、市場で注目されていないものが望ましい。

イベント投資
短期的なイベントによって本来の株価よりも値下がりしている株に投資する。


お金をふやす本当の常識 山崎元をAmazonで探す!


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。