スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経エレクトロニクス 2011年11月28日号「ワイヤレス給電制するのは誰か」

ワイヤレス給電で先行しているのはQi(チー)規格。

Qi(チィ)規格
WPCという業界団体が策定した。WPCはワイヤレス給電のデファクト・スタンダードを作ることを目的に、2008年12月に設立された団体。同団体が策定した規格に準拠した機器には、Qiマークが付く。Qiマークが付いている機器同士であれば異なるメーカの製品間でも充電が可能となる。

Qi規格の分類
1.電解結合方式
静電容量が大きい二つのデバイス、例えばキャパシタなどを近接させて電力のやりとりをする技術で、静電誘導とも呼ばれる。特に村田製作所や竹中工務店など日本のメーカーが開発に、熱心に取り組んでいる。水平方向の位置自由度が高い。

2.磁界共鳴方式
電磁誘導方式の送受信電器間の共振を強化した技術である。垂直方向の位置自由度が高い。

3.線路/共振器結合方式
光通信技術や高周波回路技術で用いられていた進行波型の伝送路や共振器を、電力のやりとりに応用したもの。動いている受電機器に常時給電するような場合に向いている。龍谷大学らの研究グループが開発を進めている。

クルマへのワイヤレス給電技術が実現すれば、EVの低価格化や蓄電池の小型化、走行距離の延長といったさまざまなプラス要素が加わる。

三菱自動車のワイヤレス給電への取り組み
同社和田氏によれば「ワイヤレス給電技術を実装するEVは、われわれにとっては第3世代のi-MiEVとなる。2012年春ごろにV2H対応の第2世代i-MiEVを発売し、関連法規の整備を待って2015年ごろに第3世代のi-MiEVを発売するのが目標」とのこと。WiTricity社と共同ではじめている。

磁気共鳴方式では、道路の送電器を道路脇に置くだけでいい。それでクルマの下面に設置した受電器へ給電が可能となる。

この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。