スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスをなくす心呼吸 高田明和著



ストレスをなくす心呼吸 心は呼吸と姿勢にいかに影響されるか

心臓は心筋により勝手に動いているが、肺は意識的に動かすことができる臓器である。意識的に動かすことができるので数少ない器官でもある。

呼吸を止めて苦しくなるのは酸素量が低下したのが原因ではなく、主に二酸化炭素の量の増加によるもの。二酸化炭素を検地する場所は頚動脈と延髄。呼吸中枢のセロトニン神経も二酸化炭素を検知する。

肺はそれ自体で酸素の低下量を検知するものではない。

脳の血管は二酸化炭素の量が増えると拡大し、減ると収縮するという仕組みを持っている。

呼吸をゆっくりすると脳内の二酸化炭素の量が増え、結果としてセロトニンを放出させる効果がある。セロトニンとは脳の精神安定をはかる物質で、不足すると「うつ」になる。

ゆっくりとした呼吸が及ぼす精神安定のメカニズム
深い、ゆっくりした呼吸→血中CO2の増加→延髄下部縫線核のセロトニン神経刺激→橋、中脳の縫線核刺激→辺縁系へのセロトニン神経の活性化→精神的安定

ゆっくりとした呼吸の効果
1.視床下部の副交感神経を刺激
2.心臓の鼓動がゆっくりとなる(心臓血管中枢の刺激)
3.胃腸の働きを高める
4.消化吸収の促進

数息感
息を数えてリラックスする方法。座禅の基本でもある。

呼吸の長さは、入息は短く、出息は長く。呼吸は静かに長く、1回35秒を目安に。

呼吸法の種類
1.無の呼吸法
「むー」と声に出す呼吸法。
2.言霊の呼吸法
言葉は力があり、運命をも変える。「困ったことは起こらない」と唱えながら呼吸を行う呼吸法。息を吐きながら、吸いながら「困ったことは起こらない」、「すべては、よくなる」、「過去は考えない」と唱える。
3.丹田呼吸法
丹田に心を置く呼吸法。
4.足心呼吸法
心を足に集中させる呼吸法。

丹田呼吸のポイント
1.「全身の毛穴から息を吸うように」という気持ちで息を吸う
2.お腹から入れ、お腹から出すイメージ
3.下半身に心を置く(へそ、丹田、足の裏など)
4.息をするときは腹を突き出す


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。