スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースの裏を読む技術 深澤真紀




今回は『ニュースの裏を読む技術』という本を読んだので紹介します。


この本の著者である、深澤真紀さんは今では有名になっている
「草食男子」という言葉の生みの親です。


「草食男子」という言葉は深澤さんが
意図した意味とは正反対に伝わったそうです。


メディアは怖いもので一度情報が伝わってしまうと
世の中の人はなかなか考えを変えようとはせず、
逆にその言葉を活用したり便乗する人が溢れてきます。


メディアのみならず友人との会話の中にも
「今はひどい世の中だ」「想定外の時代だ」
「あの時代は良かった」といったもっともらしい
情報が溢れています。


人は「もっともらしい」記事を見ることに慣れてしまうと
それが当たり前になって、それ以上物事を掘り下げなくなります


ニュースや新聞や本で書かれていたり、
たくさんのことが正しいと思っていることでさえ
真実は違っていることさえあります。


なぜ、「もっともらしい」発言をしたりするのか?
それには2つ理由がありそうです。


一つ目は、世の中で言われていることに合わせておけば
「君は良く分かっているね」と思われプライドが維持される。
ということです。


「今の時代は最悪である」という発言をすることによって、
自分は世の中のことをいかにも分かっていると思われ、
逆に「今はいい時代だ」と言えば、分かってるの?
と馬鹿にされるかもしれません。


実は、最近書店で経済に関する本を見ていると、
少し前とは違って日本経済を楽観視する本を
多々見かけるようになってきました。


これは、今までの流れを崩して目立たせることによって
注目を大きく集めるという戦略があるのかもしれません。


二つ目は、勉強不足や思い込みがあるように思います。


記者であれば、厳しいデッドラインがあるので
最初から「こういう記事にしよう」といった筋道を立てて
いることも少なくないと思います。


ニュースや本であっても、「これは本当なのかな」
とデータや裏側を見るようにする習慣を身につけると、
情報に惑わされずに済みます。


調べるの大変かもしれませんが、今はインターネットが
普及しているので10秒ぐらいあれば調べることができてしまいます。


その検索結果も、人の意見を鵜呑みするのではなく
データだけを信じることですね。


この「もっともらしい」記事についての例を紹介していますが、
本書で取り上げられた中で一つ例を挙げます。


「今の大学生は就職率が下がっています。」
そうメディアが報道していても、
あまりにも当たり前で見向きもしないニュースです。


ところが、昨年の5月に厚労省と文科省が
「この夏の大学卒業生の就職率は93.6%、就職者数は35.6%で、
4年ぶりに上昇、前年を2.6ポイントも上回った」と発表したそうです。


93.6%というデータだけを見ると、就職率は高いと感じるかもしれませんが、
データの取り方(母数)に問題があります。


母数を大学の卒業者数55万人で計算すれば64.8%となるところを、
母数に就職希望者である38.1万人としているところです。


就職希望者数で取った場合、たとえば就職をそもそも諦めている人や、
大学院に進学する人が含まれません。


そのため、予想よりも数字がいいな?なんかおかしいと思ったら、
鵜呑みにせず「あれ?」と数字を疑ってみるのが手です。


景気を立て直したいという意図があって、悪いニュースを
無理やり良いニュースに見立てようとしているなどの
裏側が見えてくるかもしれません。


『ニュースの裏を読む技術』をAmazonで探す
ニュースの裏を読む技術 深澤真紀


『ニュースの裏を読む技術』を楽天で探す
ニュースの裏を読む技術 深澤真紀


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックしていただけると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。