スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google上位表示 64の原則 藤井慎二郎




最近、このブログのアクセス数が急激に増えてきているので、
何でだろう?とアクセス解析結果を調べてみたところ、


なんと、Googleの検索結果によるアクセスが1日に40単語以上
来ているのが分かりました。今までの倍です。


最近、相互紹介や相互リンクをやっていたので、その影響もあるかと思いますが、
アクセスアップのメインは検索上位表示された結果のようです。


主にやったことと言えば、SEOの内部リンクです。
↓これ。


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/




さて、検索結果に関連した内容で、Google上位表示64の法則 という本を読んでみました。


ブログ運営者としては実に興味深い本です。いわゆるSEO対策本ですね。


サイトには全て検索順位があります。


たとえばGoogleの検索窓で「クリスマス」と検索すると、
Googleがクリスマスに最適なサイトをランク付けして、
1位から数百、数万件を順位付けして表示しているわけです。


1位になるメリットは非常に大きいです。
Google検索した結果で、たいていの人は1位のサイトをクリックしますから。


ブログやHPのGoogle検索順位を上げる方法として、この本を読んでみました。


今まで、こういうことをしたら検索上位表示が可能だろう。
という本は世の中にたくさんあり、今までに5冊以上は読んできました。


内心はそれぞれのSEO対策について本当にそう言い切れるのかな?
たぶん、これは効果あるけど、実際のところどうだろう?
SEO対策の中でどれが一番効果があるのかな?


という疑問がまったく消えませんでした。


この本は、「検索上位に表示するためにはこれをしたらどうなるだろう」
というものを合計64件について仮説を立て、
実際に検証したSEOに対する、おそらく初めての統計本です。


データマイニングという統計手法を用いているので本格的で、
少なくとも証拠を載せずに、こうだろうと書いてある本よりは信頼できます。


効果について星の数で表現されていて、とても分かりやすい本になっています。


効果あるもの、無いもの色々ですが、効果無いものは無視して、
星の数が最大の 一番効果あるものから一部をピックアップして紹介します。



ページランクが高いと上位表示されやすい
ページランクというものを簡単に説明します。Googleはウェブページ重要度を
表現する方法として、ページランクというものを採用しています。


これは、Google創始者であり、ページランクの発明者であるラリー・ペイジのペイジの
名前を文字っているのですが、 Google創設の際に商標や特許でライセンス登録済みです


下の図に示すとおり、他のウェブページからの人気投票みたいなものと考えてもらって良いです。


リンクされたサイトのページランクが高いほどページランクは上がりやすく、
また、被リンクの数が多ければ多いほど自分のサイトのページランクは上がりやすくなります。


 


内心これは当然だろうという気持ちがあったので納得です。
唯一SEOとして目に見える指標といえます。


本書ではページランク3の「普通のサイト」を目指すことを推奨しています。
ちなみに、読書一覧ブログは様々なSEO対策の効果もあってか、
作成から短期間でページランク3になることができています。



Webサイトの重要度は「ドメイン年齢」で判断される
ドメイン年齢というのは、ドメインを取得してからの経過時間を表します。


結論から言うと、3500日~4000日(約10年~11年)を境にgoogleの
ドメイン評価基準が上がるようです。


SEO対策にはできることとできないことがあり、
このドメイン年齢に関しては「できないこと」の部類に入ると思います。


たとえば、ビールという検索ワードで上位表示しようとしても
ドメイン年齢がかなり古いと推測される大手ビールメーカーを
押しのけて一位になるのは、まず不可能と考えてよいです。


中小企業であれば、ドメイン年齢が古くてもページランクが3とか低い
サイトはたくさんあるので、まだSEOで戦って勝てるかなという感じです。



Googleは画像よりもテキストを重視している
これもSEOを勉強されている方にとっては、当然ですね。
でも実際にデータ取得して、結論付けられているので確信が持てます。


画像にalt属性をつけて、「この画像はこういう画像だよ」と文字で説明する
方法もありますが、alt属性についても多少なりとも効果はあると書いてありました。


alt属性とは、例えばこういったものです。
< img src="image/sample.gif" alt="画像の説明文" >


やはり、上位表示を目指すなら画像だけのサイトよりは文字がたくさんある
サイトにした方がよさそうです。



関連キーワードを多く含むコンテンツを作るとよい
SEO対策では、あるキーワードで上位表示することを決めて
それに対してSEO対策を施すわけですが、


たとえば、「アイス」というキーワードだったとして、本文中に
「アイス」という単語を散りばめるのはSEO対策としてよい方法として紹介されていました。


同じキーワードではなく、「アイス」であれば、「冷たい」、「甘い」、「白熊」
というのが関連キーワードになります。


こういった関連キーワードをさりげなく散りばめることがSEO対策に都合が良いのです。


本書でも紹介がありましたが、

あるキーワードを入れたら、自動でそれに関連するキーワードを
創り出すユニークな無料ツールがあるので紹介します。

連想検索エンジンReflexa(リフレクサ)です。
http://labs.preferred.jp/reflexa/


Amazonで探す
Google上位表示


楽天で探す
Google上位表示64の法則 藤井慎二郎


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。