スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ほめる」技術 鈴木善幸




アクノレッジメント
アクノレッジメントとは、相手のことを認めること。それは、ただ「ほめる」ことだけではなく、「私はあなたの存在をそこに認めている」ということを伝える行為、言葉など。認めてあげることで、部下はやる気になったりする。


人はなぜ、認められたいのか?
人は太古の昔から協力関係を築いていくことによって生き延びてきた種であり、一人では生き抜くことができないから、仲間の輪に入る必要があった。野生の生活において、一人でいることは「死」を意味した。仲間の輪に入れるためには他人からの「認めているよ」という意思表示が一人ぼっちという不安を払拭してくれます。だからこそ、人は人に認められたい欲求を持っている。


スーパーアクノレッジメント
人に何かを任せることは、アクノレッジメントにおいて効果的な方法。任された人は、ものすごく自分の存在が際立ち、この集団の中で必要とされていることを感じることができ、協力の輪に入っていることを実感できる。


アクノレッジメントの例
  • 相手の影響力を言葉にする(Aさんて、○○だよね)
  • リフレイン(相手の言うことを繰り返して「~なんだね」と返す話法)


アクノレッジメントの4つのタイプ
アクノレッジメントは誰にでも同じことをすれば相手は認められたと認識するかというと、厳密には違う。人によって、認められたという感情を抱くのには差がある。人は次のようなタイプに分かれる。
  1. コントローラー・タイプ(人や物事を支配していく)
  2. プロモーター・タイプ(人や物事を促進していく)
  3. サポーター・タイプ(全体を支持していく)
  4. アナライザー・タイプ(分析や戦略を立てていく)


コントローラー・タイプへのアクノレッジメント
このタイプには過剰なほめ言葉は通用しない。何よりも「コントロールされたくない」という意識があるので、過剰なほめ言葉は、ほめる行為によって相手にコントロールされているのでは?という意識が働いて逆効果となる。まずは、その人自身ではなく、その人のチームメンバーの仕事ぶりや、チームの雰囲気についてアクノレッジメントすることです。オーナー経営者などはほとんどはコントローラー・タイプに属する。大げさではなく、心から「本当に良くやった」とアクノレッジメントすることが効果的。目標が高い場合が多いので、中途半端なタイミングで「すごいなー」とほめると逆効果となる場合がある。単刀直入に「きついこと」を述べるのが意外と効果ある。

プロモーター・タイプへのアクノレッジメント
ほめられたらほめられただけ、それがお世辞であってもいい気分になってしまうのがプロモーター・タイプ。このタイプには毎日、感嘆符をつけてほめること。「君しかいないよ!」「最高!」「天才!」など普通の人には歯がゆくて使えないような言葉でほめる。アクノレッジメントしやすいタイプである。

サポーター・タイプへのアクノレッジメント
このタイプは相手が注いだ愛情に対して無意識のうちに代償を求める傾向にある。相手がみとめてくれないと、逆に怒りに転化し、激しく攻撃してくることがある。歴史で例えるなら、織田信長がスーパーコントローラー・タイプなら、サポーター・タイプは明智光秀といったところ。軽く扱ったため、本能寺の変」という事態に陥った。サポーターにはとにかく「ためないこと」仕事をふったら、都度「助かるよ」「ありがとう」という言葉でマメにアクノレッジメントする。

アナライザー・タイプへのアクノレッジメント
このタイプは具体的にほめないと効果がない。たんなるお世辞だと「なんのためにほめてるんですか?」と言われてしまう。アナライザー・タイプは時間をかけてなるべく正確に、整理して話をしたいと思っているので、相手のペースを配慮して、時には専門性に対してきちんと認知を与えること。


Amazonで探す
「ほめる」技術


楽天で探す
コーチングのプロが教える「ほめる」技術 鈴木義幸


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。