スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超人脈術 一木広治




人脈とは?
人脈は知り合いとは異なる。偶然知り合っただけの人たちの集大成は人脈とは言えない。そういう人たちは名刺交換はしても、アポを取って会うことはできない。会社内、部署内などの非常に狭い範囲の人脈では、本当にビジネスに生きる人脈は得られない。人脈術を身に付ければ、何か新しいアイデアが浮び、それを実行に移そうとしたときに人脈が生きてくる。


人脈を作るコツ
著者は政財界から芸能人まで幅広い人脈を持つ。その人脈はゼロから作り上げたとのこと。人脈作りのコツは人付き合い。「仲間を大切にする」、「顔を見て話す」、「自分を知ってもらう」、「志やテーマを持って自分から会いに行く」、「ありがとうと感謝されるような関係を持つ」といった当たり前のこと。また、礼を尽くし、熱く語れば人の心は動く。まずは、同じ志をしている仲間を探すことからはじめ、志を伝えて仲間の輪を広げること。


名刺にオリジナルの肩書きを入れる
名刺の肩書きも、自分らしいものを入れると印象に残りやすい。資格を入れたり、自分の造語で肩書きを書いたりするのも良い方法。


人脈作りのマジックワード
人生におけるメンター(師匠)を持つことは大切。いきなり「メンターになってください」と言っても相手は責任を感じてしまう。そこで、「教えてください」、「お話を聞かせてください」といった素直に学びたいという意志を伝えれば、見込みのあるやつだと思ってもらえる。メンターからの教えはすべてが教養と思い、とにかく吸収していけば血となり肉となる。


人のいい部分はどんどん真似をする
著者は若い頃から人のマネをして取り入れてことがすばらしい人脈を築く礎となった。


アプローチしてきた人、連絡してきた人には可能な限り会う
かならず直接会うというルールを決めておくといい。メールだけでは人脈を築くのは難しい。


マメさは人脈を強固にする最強のツール
たとえば、忙しい相手なのに誕生日にバースデーカードが送られてきたりすると感動するもの。


ブログは人脈開拓にうってつけのツール
いまやITの時代で、人と知り合うのもSNSなどのサイトがメインという方も多いはずです。ブログを活用すれば、自分がどんな人間であるかを発信しやすいツール。旧知人への人脈メンテナンスや、これからおつきあいする方へのインフォメーションツールにもなるので、人脈形成のためにどんどん活用するべき。Twitterなどの新しいメディアも有効なツールとなります。


年賀状の活用
著者は携帯電話やメールが普及していても、年賀状は必ず送るようにしている。毎年年賀状を個人で1500~2000枚出しているとのこと。「今度お会いしましょう」と書いておけば、人脈としてちゃんとつながっているかの確認ができる。自分を知ってもらうためのブランディングツールとしても活用ができる。住所をまだ知らない人脈には「年賀状を送りたいので、ご自宅の住所を教えてください」と言えばいい。


人脈インフラを整備する
たとえば、何かの分野に詳しい人脈が欲しいと思った場合、すでに人脈となっている人の友人にそれに近い人がいないか洗い出しをすることが効果的。もし、それが見つかれば勉強会などを開いてもらって、志を語り合い、仲間になってもらうという流れ。


超人脈術 一木広治をAmazonで探す



この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事
27:リンクの件
コメント欄、お借りします。
ご連絡頂いていたリンクの件ですが、こちらからもリンク欄へ追加させていただきましたので、お時間がある時にでもご確認を頂けたらと思います。

人脈を作るコツで思い出したのですが、かつてライブドア時代の堀江さんは一般的なサイズとは異なる大きさで名刺を作っていたそうです。
ちょっとしたコツで名前を覚えてもらう事は出来ますよね。
僕も勉強していきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。