スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下克上時代を生き抜く 即戦力の磨き方 大前研一




企業のリーダーとは、常にリスクと背中合わせなので、気持ちの休まる暇がないのが普通。会社の経営者は会社や経営に対するよほどの情熱を持ち合わせていない限り、とても務まるものではない。ホリエモンは稼ぐだけ稼いで、敵前逃亡するつもりだったが、彼の功績は功績として、きちんと評価すべき。

即戦力とは?
次の世代のリーダには、ホリエモンではダメで、新しいモデルを自分で構築する必要がある。それが、「即戦力」

世界標準は日本よりも20年早い
日本は役職に付くのは40代で課長、50代で部長。しかし、日本以外の国は30代で独り立ちすることを念頭に置かれている。今後、全てのビジネスパーソンは、いまの会社や国がどうなろうと、自分はどこでだって生きていける生き方をしなければならない。世界ではそれが常識であり、日本だけが遅れを取っている。

パーソン・スペシフィックの時代
21世紀において重要視すべきものは、モノ作りではない。優れた能力を持つ人間を作り上げること。国の繁栄を願うなら、どうやったら、優れた人材をたくさん輩出できるかを考えていった方がいい。

即戦力に必要な三種の神器
  1. 語学力
  2. 財務力
  3. 問題解決力


語学力
せっせと社内で人脈作りをしても、外資系企業に買収されたら「おまえは英語で交渉できるのか?」に対して、NOだと、その人の企業人生はそこで終わりとなる。日本企業に勤めているから日本語だけできればいいと思っている人は、日産自動車のトップはどこの人か問いたい。

従来の英文読解が主体の学習法では、英語力は絶対に身に付かない。英語翻訳ソフトがどんどん精度が上がり、翻訳すること自体の優位性が見出せなくなるからである。これからは、相手の言葉を即座に理解して、瞬時に的確な返事をすることが求められている。

英語の学習法
英語学習のポイントは「英語耳」を徹底的に鍛えること。 「ながら族」で意味などわからなくてもいいから、とにかくひたすら聞き続けて、英語独特のリズムやトーンを、体と頭に染み込ませる。


財務力
財務を知らない人が、効率的にビジネスを成功させてプロフェッショナルとして活躍できるはずがない。

日本のビジネスパーソンには財務を意識する環境がほとんどないのが実情。それに対して、アメリカ人ならバランスシートで即座に答えられる。日本の家の耐用年数は30年しかない。新築で立てても、5年経てば担保価格は0となる。つまり、日本人にとって家は資産ではなく、消耗品なのである。

財務力を養う方法
自分で自分の資産運用をやってみるといい。

株投資の原則
  1. 株の性格と常識を勉強する
  2. 身近に株を一緒に勉強する仲間を作る
  3. 世界を観る(日本市場といえど、国内要因だけでは決まらない)

これらを守ったとしても、投資でケガしなという保障はない。


問題解決力
21世紀は答えのな時代。優れた問題解決能力の持ち主なら、間違いなく即戦力として、どこの企業からも優遇される。問題解決の第一歩は「問題がどこにあるのか」「なにが問題なのか」を自分で見つけ出すこと。仮説思考し、仮説を検証して、間違っていたら次の仮説を立てることの繰り返しが問題解決能力の基本。


勉強法を身に付ける
大前研一氏は毎年テーマを決めて勉強をされている。それも、生半可な勉強ではない。「その分野についての専門家を凌ぐ本が書けるようになる」というのが勉強するということの定義。


会議術を身に付ける
日本人はディスカッションする能力が欠けている。それに対して、マッキンゼー式会議術を薦めている。マッキンゼー式会議術は知的格闘技であり、それを使うべき会社かどうかを判断してから使う必要がある。ただし、分かるべき人を前にした場合には評価される手法。


下克上時代を生き抜く 即戦力の磨き方 大前研一をAmazonで探す


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。