スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年長期投資のすすめ 渋澤健




30年投資の6つのコモンセンス(常識)
  1. コモン・グラウンド 自由寄りに集まる共有地
  2. コモン・バリュー 30年投資の視点
  3. コモン・ストック 30銘柄の視点
  4. コモン・センス 対話の視点
  5. コモン・グッド 真の公益を促す
  6. コモン・ピープル 一人ひとりの大切なストーリー

コモン・グラウンド
コモン・グラウンドとは素性が多様な人々が集まり、共有する空間のことを指す。物理的な空間にあつまるのではなく、同じ志やビジョンを持った人たちがつながっている思想的空間の共有地でもコモン・グラウンド。

コモン・バリュー
コモン・バリューとは、何も無いところに種をまいて、大切に育て、それが長年かけて大木となり、その木陰でゆったりと家族や友人と過ごすイメージ。

コモン・ストック
英語で株式のことをCommon Stockと言います。30年投資では、インデックスファンドではなく、個別に選んだ30銘柄を厳選し投資します。リスク分散の面で言えば、10銘柄では分散効果は選択する企業によって決まるが、20、30企業でらばリスク分散効果は9割ぐらい得られると言われている。

コモン・センス
コモン・センスとは常識のこと。30年投資は、運用の本来あるべき常識を忠実に実施しているだけのこと。

コモン・グッド
コモン・グッドとは、良き世の中を望むこと。そのために、できる範囲でいいから、自ら動いてみること。

コモン・ピープル
庶民はCommon Peopleという。30年投資の庶民は、コモン・ピープルであり、30年先の豊かな社会のために今から動ける良識的な一般日本人を示している。


30年投資について
  • 30年投資 : 長期投資に具体的な30年という線引きをする投資方法。いままで、長期投資とは、2年、3年、5年、10年、20年どれなのか具体的な共通言語となっていなかった。それを具体的に30年とはっきり決めるもの。手元にある資金が、30年投資を通じて、未来を拓く資本に化ける。
  • 30年は長い? : 投資の世界において、時間は自分の見方になる。100万円を30年持ち続けても30万円だが、年5%で運用すれば430万円になる。年7%で運用できた場合は、760万円になる。
  • 30年間同じ銘柄を持ち続けるということではにあ。投資先の企業の判断に確信を持てない場合は、売却して他の企業と入れ替える。
  • 積立投資は長期的な資産形成に都合がよい投資手段。毎月1万円を30年間ゼロ金利(いわゆる貯金)で積立てた場合、30年後には360万円。平均年率7%で積立た場合は、30年後には1170万円と3.2倍にもなる。



30年長期投資のすすめ 渋澤健をAmazonで探す


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。