スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー




インサイド・アウト
インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということ。逆に、アウトサイド・インの考え方を持つ人は、環境によって被害者意識に悩み、自由を束縛された不幸な人々であり、自分が上手くいかない状況の責任を自分の周りや環境のせいにする。7つの習慣は「原則」を中心におき、人格に基づいた個人の成長、または有意義な人間関係の育成についてのインサイドアウトと呼ぶべきアプローチ。

P/PCバランス
金のがちょうの話がある。金の卵を早く欲しい欲望にかられ、がちょうを殺して腹の中を空けたが金の卵が無く、さらには金の卵を一切作ることができなくなった。それは、目標達成のP(Performance)と目標達成能力のPC(Performance Capability)のバランスが崩れたため。たとえば、昼夜問わず働いてお金は増えたが、病気になり結果としてお金を稼ぐ能力をなくしたが、休息を取ることによって以前の状態に元気良く働けるようになったなど日常的に実体験しているもの。

7つの習慣
  1. 第一の習慣  主体性を発揮する
  2. 第二の習慣  目的を持って始める
  3. 第三の習慣  重要事項を優先する
  4. 第四の習慣  WinWinで考える
  5. 第五の習慣  理解してから理解される
  6. 第六の習慣  相乗効果を発揮する
  7. 第七の習慣  刃を研ぐ

第一の習慣  主体性を発揮する
人間はほかの動物にはない自覚、想像力、良心、自由意志という独自の特性を持っているため、刺激に対して、自分の反応を選択する自由を持っている。反応的な人は、周りの環境に大きな影響を受ける。たとえば、他人の言葉に一喜一憂し、その都度遂行能力が変化する。主体的な人は、自分の天気を持ち合わせており、他人の行動や言葉に左右されない。主体性を発揮するということは、「自分自身はプログラマーである」ということ。


第二の習慣  目的を持って始める
目的を持って始めるということは、目的地をはっきりさせてから旅立つということ。目的地が分かれば、現在地もさらによく分かるようになり、いつも正しい方向に向かって歩み続けることができる。目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法のひとつは、ミッション・ステートメント(個人的な憲法、または信条)を書くことである。目的を持って始めるとは、「プログラムを書くこと」である。

個人のミッション・ステートメント
自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして、自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかすること。個人のミッション・ステートメントは、個人の憲法と言える。国は不変の憲法に基づいているから激しい変動を乗り越えることができる。正しい原則に基づいたミッション・ステートメントがあれば、個人にもゆるぎない方向性が与えられる。

原則中心
人には様々な生活の中心がある、夫・妻中心、家族中心、お金中心、仕事中心、所有物中心、遊び心中心、友達・敵中心、宗教組織中心、自己中心などである。これらの内いずれかに偏っている場合、個人の能力が制限されてしまう可能性がある。原則を中心におくことにより、周りのすべての事柄がバランスよく見えてくるようになり、上に述べた各々の中心について適切な行動が取れるようになる。

葬式のイメージ
原則を作り上げるためには、最終的に自分はどうありたいのかを考えると良い。自分自身の葬式に参列している家族、友人などにどいうった言葉をかけられたいか?から始めるとが、最終目的を見定めるということにつながる。


第三の習慣  重要事項を優先する
今まで、時間管理のあり方はチェックリストやメモを残したり、スケジュールを書き込んだりする行動だけに重点を置いてきた。しかし、私たちの活動を定義する2つの軸には緊急度と重要度があって、「大きな成果を出す人は、問題に集中しているのではなく、機会に集中している」と言える。彼らは、自分の能力を向上させる「緊急ではなく、重要な問題」に集中している。重要事項を優先するということは、「プログラムを実行する」あるいは、「プログラムどおりに生きる」ということである。

時間管理マトリックス
  1. 緊急かつ重要
  2. 緊急ではないが、重要
  3. 緊急かつ重要ではない
  4. 緊急ではなく、重要でもない

私たちが本当に成功するためには2の領域にのみ集中する必要がある。他の領域はノーと言える意思を持つ。緊急かつ重要なものは、重要視すべきだと考えるかもしれないが、荒波のようなもので、あなたを疲れさせるだけ。

新しい時間管理のツール
上記の第二領域の時間管理のツールには、6つの大切な特徴がある。
  1. 一貫性
  2. バランス
  3. 第二領域への集中
  4. 人間重視
  5. 柔軟性
  6. 携帯性

一貫性
優れた時間管理のツールは、自分のビジョンとミッション、役割と目標、優先順位と計画をうまく調和させてくれるものでなければならない。

バランス
時間間管理のツールは、生活にバランスを生み出すものであるべきだ。自分の健康、家族、仕事、準備、自己啓発などの大切な事柄が日々の生活の中でおろそかにならないように、生活のそれぞれの役割を管理できるようになっていなければならない。

第二領域への集中
緊急な問題を処理する活動よりも、事前の予知・予防などの第二領域の活動に集中するツールが必要となる。これを実行する良い方法は、週単位で計画を立てること。週単位の計画は、一日単位の計画よりも、はるかに生活のバランスがとりやすい。

人間重視
大切な人間関係について考えさせてくれるものでなければならない。

柔軟性
時間管理のツールは、あなたのニーズやスタイル、そしてやり方に柔軟に合わせるべきである。

携帯性
ツールは携帯に便利なものがよい。常にスケジュールやミッション・ステートメントを確認できるようにすること。


第二領域に集中した計画のプロセス
  1. 役割を定義する
  2. 目標設定
  3. スケジュール化(週単位で行う)
  4. 日々の対応

役割と目標設定の例

役割目標
自分の成長
  • ミッション・ステートメントを書く
  • 運動(ジョギング4回)
  • 専門誌を読む
父・父親
  • 妻とコンサートに行く
  • 息子の科学の勉強を見る
  • 娘の授業参観
  • 息子の自転車の修理
研究・開発
  • マーケット調査の検討
  • 結合問題の研究
  • 吉田氏との試験結果を検討
  • 専務に新商品のアイデアをプレゼン
人生を楽しむ
  • 夏季休暇の旅行計画



信頼残高
銀行口座からお金を引き出したい場合、残高があるのが前提で引き出すことができる。信頼残高とは、ある関係において築かれた信頼のレベルを表す比喩表現であり、言い換えれば、その人に接する安心感ともいえる。礼儀正しい行動、親切、正直、約束を守るなどの行動を通して信頼残高を作っていくことができ、そこに蓄えがあることにより、些細な間違いを犯したとしても信頼のレベルや精神的な蓄えがそれを補ってくれる。

信頼残高をつくる方法
  1. 相手を理解する
  2. 小さなことを大切にする
  3. 約束を守る
  4. 期待を明確にする
  5. 誠実さを示す
  6. (信頼残高を)引き出してしまったときは、誠意をもって謝る


第四の習慣  WinWinで考える
WinWinは、すべての関係において常に相互の利益を求める心と精神のことであり、お互いに満足できる合意や解決策を打ち出すことである。WinWinの状態に持ち込めないなら、どちらかがLoseとなるのではなく、No Deal(取引しない)という手を打つ。

WinWinを支える基礎
  1. 人格
  2. 関係
  3. 合意
  4. システム
  5. プロセス


第五の習慣  理解してから理解される
言葉だけで理解しようと相手の言葉に注力しているだけでは本当に理解したことにはならない。相手がどう思っているかという感情をもって理解することによって真の理解が得られる。

聞くレベル
  1. 聞くふりをする
  2. 選択的に聞く
  3. 注意して聞く
  4. 感情移入して聞く

感情移入の傾聴
相手を真に理解するための感情移入の傾聴には四つのレベルがある。
  1. 話の中身を繰り返す
  2. 話の中身を自分の言葉に置き換える
  3. 相手の感情を反映する
  4. 内容を自分の言葉で言い、同時に感情を反映する

効果的なプレゼンテーション
エトス(個人の信頼性)、パトス(感情移入)、ロゴス(理論)の順。つまり、人格、人間関係、それからプレゼンテーションの論理展開。ほとんどの人はロゴスばかり重要視して先に入っててしまう。


第六の習慣  相乗効果を発揮する 
第一~第五までの習慣は、この第六の習慣である相乗効果、つまりシナジーのための準備だと言える。高いレベルの相乗効果は、新しい案が生み出されたり、今までに存在しなかったまったく新しいものを作り出したりすることができる。

コミュニケーションのレベル
  1. 防衛的(Win-Loseあるいは、Lose-Win)
  2. 尊敬的(妥協)
  3. 相乗効果(Win-Win)

第三案
相手のやりたいことと、自分のやりたいことの食い違いによる衝突は起こってしまうもの。これを回避するには、第三案、つまりどちらにもメリットがあるWinWinな案を考えることが重要。


第七の習慣  刃を研ぐ 
刃の錆びたのこぎりで一生懸命に木を切り倒そうとしても時間と労力がかかってしまう。そこで、のこぎりの刃を研いで本来の力が出せるようにしてやれば、今まで以上に効率的にことが進む。刃を研ぐということは、第一から第六の全ての習慣を成長させるための必要不可欠な要素である。第七の習慣はP/PCバランスのPCに相当する。

再新再生
あなたの持つ自分自身という最も大切な資源を維持することであり、自分の中にある四つの側面を再新再生させることである。以下の4つを再新再生することを毎日の私的成功と言う。
  1. 肉体的側面
  2. 精神的側面
  3. 知的側面
  4. 社会・情緒的側面

肉体的側面
  • バランスのとれた栄養のある食事を取る
  • 十分な休養に心がける
  • 定期的に運動する(持久力、柔軟性、強さの3つの側面で鍛える)

精神的側面
  • 祈り
  • 瞑想
  • 音楽
  • 古典文学

知的側面
  • 読書(優れた書物を読む)
  • 意味のある文章を書く

コヴィー博士は現代人は膨大な時間をテレビに費やしていると述べ、読書については「定期的に優れた本を読むこと以上に、自分の精神を高め、養う方法はない」と言っている。


情緒的側面
  • 人と接する機会を持つ(普段の生活の中で第四~第六の習慣を実践)




7つの習慣 スティーブン・R・コヴィーをAmazonで探す


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。