スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるゾウ2 水野敬也



夢をかなえるゾウに2冊目が出ているということで、いつか読んでみたいと思っていましたが、ようやく買って読むことができました。

私の家には500冊近いの本があるのですが、最近はそれを厳選する作業をしているところです。

読まなくなったものと、下の選定基準を満足しないものをブックオフに売って、本当に価値のある本だけを残そうとしています。

本の選定基準は3つです。
・10万部を超えるベストセラー
・偉人の本
・目的・目標に役立つ本

ベストセラーに合致するので買いました、という後からのこじつけです。笑

夢をかなえるゾウ2は今のところ、残すリストに入りそうな本です。やっぱり、このシリーズは面白い!

さて、夢をかなえるゾウは200万部突破したベストセラーですが、今回はその続編になります。ということで期待を持って買いましたが、今回も楽しく読ませてもらいました。

この本に出てくるのはインドの神様ガネーシャで、なぜか関西弁でとぼけた神様という設定です。そして、歴史上の偉人を全て育ててきたと豪語しています。それは前回の本と同じです。

多少ネタバレになるかもしれませんが、簡単に内容を説明しますと、

漫才師になる夢に向けて頑張っているがなかなか成果が上がらない元サラリーマンところに、ガネーシャが現れ、漫才コンビを組んで漫才チャンピオンを目指して話は進んでいきます。

途中で色んな神様が登場したり、歴上の偉人の話が出てきたりします。「アインシュタイン君は○○言うてたで」とか。笑

特に、ちょっと一風変わった人間の女性の貧乏神が登場して、こういう人が貧乏神に好かれるということを説明しているのが面白かった。

それは、ことあるごとに貧乏神が好む人間と好まない人間はこういうタイプですという説明があります。

貧乏神は貧乏になる思考の持ち主に好んで寄り付いていて、その貧乏神が言うには貧乏になるのタイプは次の3つだそうです。私もどれかに当てはまりそうですが(一番近いのはお駄賃貧乏かな?)、世の中の人の大部分は当てはまるのではないでしょうか?

1.ドリーム貧乏
略してドリ貧。この人たちは大きな夢を持っているものの、その夢に囚われているあまりお客さんのことが全然見えていない人たちのこと。お客さんから望まれていないことを頑なに続けているので、『イタい人』なんて呼ばれることもある。

2.ガネーシャ貧乏
目の前にある誘惑-たとえばタバコや甘いものを一切我慢できません。そういう人というのは、お金があればすぐに使ってしまいますが、仕事でも大変そうなことがあるとすぐに逃げてしまうので貧乏なことが多いです。

3.お駄賃貧乏
子供の頃に、両親から『お使いに行ってくれたらお駄賃あげる』ということがあり、それを大人になっても引きずっているとお駄賃貧乏です。『お金』=『嫌な作業をするともらえるもの』という認識があります。お金は本来は『楽しい』ことをするともらえるもの。もらえるお金の量もあらかじめ決まっているのではなくて、お客さんを喜ばせた分だけもらえるもの。

大きな夢を持っていても、お客さま目線になっていない人はドリーム貧乏に陥りやすいと思います。いつまでも貧乏のままです。

お駄賃貧乏はサラリーマンに陥りがちだと思います。逆に、自営業やビジネスオーナーの方はより良い価値を提供しようと努力すると思うので、お駄賃貧乏はありえないでしょう。

自分に甘く自己コントロールが出来ていない人はガネーシャ貧乏になりますね。

私はというと、やっぱりお駄賃貧乏が強いのかなと。笑
それというのも本当に心から好きと思える仕事ができていないのが原因にあるのかもしれません。

最近、別の読んだ本で読んで改めて大事だと感じたのは「好きなことを仕事にすると良い」ということです。

苦痛で仕事をしている間は、決してお駄賃貧乏の意識から逃れることは難しいと思います。

本当に好きな仕事を持つためには、今もって入る仕事を好きになるか、苦手な分野をなるべく避けて好きで得意な分野を伸ばすか、仕事を変えるかしかないと思います。

ストーリー性のある本ですが、偉人の名言が所々に出てきたり、貧乏神やガネーシャの言葉からは色んな気づきを得ることができるので、ぜひ読まれてみるといいです^^

【1000円以上送料無料】夢をかなえるゾウ 2/水野敬也
スポンサーサイト

自分を超える法 ピーター・セージ



本書は世界ナンバーワンのコーチであるアンソニー・ロビンズの史上最年少トレーナーであるピーター・セージ氏が書いた、自分を超えるための成功に関する本です。

アンソニー・ロビンズには尊敬できる方で、興味があり、その最年少トレーナーというのに惹かれて買いました。久しぶり書評を書くのでちょっと気合を入れて楽しみながら書いてみます。

本書で取り扱っているの成功哲学から文章作成まで幅広い内容となっていて、次のような章構成となっています。

法則1 成功の心理学
法則2 お金のつくり方
法則3 リーダーシップ
法則4 世界観をつくる
法則5 文章の力


それぞれの法則について少しだけ紹介させていただきたいと思います。

まず、法則1 成功の心理学ですが、「成功するためには80%の心理学と20%のシステムまたは戦略から構成される」という持論を持たれています。

成功するためにはノウハウやスキルも必要ですが、それ以前に心理的に成功者になっていなければならないということです。そして、成功しても「幸せだと感じる心」ができなければ、本当の意味で成功とはいえません。

本書において「人生の質は、居心地のよさを感じられる不安定の量に比例する」「行動のさなかに不安は消える」とあります。これは、なるほどなと思いました。

人が成長するためには、チャレンジが必要不可欠です。安定を求めていてはずっと変わりません。しかし、今までやったことのない新しいことにチャレンジすることは不安でしかたないのではないでしょうか。

また、人によっては不安定(つまりチャレンジすること)があっても、居心地をよく感じる人と、そうでない人がいます。

不安定を居心地よく感じることができることも一つの能力です。それが80%の心理学と言っている内容になります。不安定の量を増やす方法について本書に詳しく書いてありました。


次にお金のつくり方ですが、これは「リストラされない働き方」や「資金ゼロで起業する方法」「30万円のセミナーを無料で受講する方法」「お金を使わずに新品ベンツを手に入れる方法」など実例を通して紹介してありました。

お金に関する本を読んできましたが、これだけ具体的なテーマで書かれている本はめずらしいと思います。本書の具体例を通して「お金」や「ビジネス」に対する考え方が変わりました。

ピーター・セージが強調しているのは、無一文でもお金が必要な場合にでさえ「お金を借りること」を考えず、「よりよい戦略」を考えることと言っています。だからこそ、高額セミナーを無料で受講する方法などを思いつくことができるわけです。

重要なキーワードなので繰り返しますと「お金は必要ではありません、必要なのはよりよい戦略」です。この言葉はとても強いインパクトを受けました。


3番目のリーダーシップですが、「リーダーシップの有無は、育てたリーダーの数で決まる」という言葉は印象に残りました。

確かにその人はリーダーシップを発揮できたとしても、次世代のリーダーを育てることにこそ本当に価値のあることであるように思えました。理解しても、優れたリーダーを育てるということは、なかなか難しい問題ですね。

「達成する方法がわかる目標」は目標として小さすぎるという言葉が出てきたのですが、これはジェームス・スキナー氏も同じ言葉を言っていました。

色んな方がニュアンスを変えて伝えているこの言葉の元はピーター・セージ氏の言葉なんでしょうかね。

どちらにしても、人は自らに制限をかけていることが多すぎますね。もっと可能性について考えると新しいものが見えてくると思います。


4番目の世界観をつくるというのは、自分に力を与えてくれる世界観をつくり上げるということです。

状況や現状は変えることはできませんが、自分の世界観はコントロールすることができて、それによって幸福感、充実感が変わります。


最後は文章の書き方。10倍強くなる文章術というタイトルで、すべての人にとって「文章を書くこと」は最重要の項目として主張されています。

ビジネスに必要なコピーライティングの14の基本ポイントは、広告宣伝の仕事に携わっている方以外にも一般の仕事でも使えるないようだと思います。その他にも、コピーに求められる4つの基本要素。コピーをワクワクさせる6つの方法など

この章で印象に残ったのは2つです。読み手に「私には関係がある」と思わせることと、「ベネフィット」を明確にするということです。これを意識すると文章を読んでもらえたり、より良い反応が期待できます。

価格の割には、500Pとボリュームもあり内容も詰まっていてオススメの本でした。(というよりも、良書は書いてある内容に比べて割安なことが多いですね)






図解一生折れない自信のつくり方 青木仁志




自己イメージ
自己イメージは本当の自分とは違い、思い込みに過ぎない。
一生折れない自信を身に付けるには、小さな成功体験を積み重ねることが大切。

成功体験、突破体験を重ねるほど、自信に満ち溢れ
積極的に取り組むことができる。

暗示の力を使うという方法がある。
毎日、「私は〇〇である」と声に出して言うことで
自己暗示がかかり潜在意識が働きだす。


人生の方程式
その人の人生=先天的特質×環境×本人の選択

先天的特質は生まれつき持った才能。それ以外の環境や本人の選択は
自分自身の行動によっていくらでも変えることができる。


ウサギとカメの話
童話に出てくる「ウサギとカメ」は有名な話。
なぜ、のろいカメはウサギに勝つことができたのか?

それは、ウサギは自分の能力に慢心し、カメなんかに負けるはずがないという
余裕を持ってしまったために負けてしまった。

一方で、カメは目標を決めゴールだけを見据えて
着実に進んでいった。

人を見てやる気を出すのも良いが、本当に強いのは
どうしても達成するべき明確な目標を持って突き進むことです。

必要なのは人に「勝つこと」ではなく、自分自身が「強くなること」なのです。


エベレストを制覇する方法
有名な冒険家である三浦雄一郎さんはエベレストを登る際に「100メートル先も見ずに
一歩一歩を進んで8,9合目になるとやっと頂上が見え出し、そこから頂上を意識する」
とのこと。

エベレストを登るという高い目標を持ちながらも、日々やることは目の前にある課題を
黙々と乗り越えていくことが大事だそうです。


潜在意識の活かし方
潜在意識を活かすには、アファーメーション(自己暗示)が有効です。
アファーメーションの具体的な方法は、マイナスな思い込みをプラスの
思い込みに転化できるような言葉を毎日1回以上、言葉に出してみること。


Amazonで探す
図解一生折れない自信のつくり方 青木仁志


楽天で探す
図解一生折れない自信のつくり方 青木仁志


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



史上最高のセミナー ロバートアレン




本書はナポレオン・ヒル成功哲学の現代版といった感じの本。


成功するには?
成功とは、自分がそれにふさわしい人間になれることで引き寄せるもの。収入を3倍、4倍、5倍にあげるには、ただ会社にもっと給料を上げてくださいと頼んでもダメ。自分自身に、わたしは考えを修正する必要がある。自分の境遇や税制を責めてもしかたがない。会社が遠いだの、暑い、寒いといっても仕方がない。まずは、自分自身をなんとかしなければならない。


成功できない唯一の理由
成功できない唯一の理由は、学ぶべき情報を取り入れ、それをただちに実践しないため。逆に言えば、実践を積み重ねれば成功が見えてくる。


最高に価値のあるもの
最高に価値のあるものは、お金ではない。本当に価値のあるものは「どんな人間になったか」です


計画を立ててから始める
その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。力の及ぶ限り、その日の計画を立てること。そうすれば、意外な発見があり、改良できることでもなんでも気づくことができる。同じように1ヶ月を始める前には計画を立てることが大切とのこと。


Amazonで探す
史上最高のセミナー ロバートアレン

楽天で探す
史上最高のセミナー マイク・リットマン


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



ザ・シークレット ロンダ・バーン




引き寄せの法則
引き寄せの法則によれば、類は友を呼ぶ。つまり、似たもの同士は引き寄せあいます。
したがって、ある思いを抱くと、それと類似の思いが自分に引き寄せられてきます


思考は現実化する
あなたが思っていることが現実となります。
何事も、あなたが思い続けることによって引き寄せない限り、起こることはありません。


感情を知ることで心の内面を知る
人は無意識のうちに一日に何万回もの判断を下している。その全てを知ることは難しい。そこで、自分がどのように考えているかを知りたければ、自分の気持ちがどうなのかを感じることです。感情は自分が今何を考えているかがすぐわかる、とても大切な道具です。それを知れば、自分の感情にフィードバックをかけることができます。


お金を引き寄せるには?
お金を引き寄せるには、豊かさに焦点を合わせること。お金が不足していることにこだわっていては、お金はやってこない。


人間関係を良くするには?
人の欠点ではなく、感謝できる点に焦点を合わせること。その人の長所に焦点を合わせると、もって長所が見つかる。


抵抗するものは逆に引き寄せてしまう
たとえば、戦争したくないと思って戦争反対をイメージをしたとします。その場合、戦争という文字から戦争を引き寄せてしまうのです。つまり、否定形は認識できないのです。戦争を引き寄せたくなければ、戦争の対極である平和に焦点を合わせること。


Amazonで探す
ザ・シークレット


楽天で探す
ザ・シークレット ロンダ・バーン


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



夢をかなえるゾウ 水野敬也




本の概要
この本は、夢を無くしたサラリーマンがインドのゾウの神様である「ガネーシャ」に出会い、そのゾウがサラリーマンに色々アドバイスをしていくのを小説タッチで説明してる内容。ガネーシャと言えば、厳格な神を想像するが、この本で出てくる神様は関西弁をしゃべり、面白おかしくアドバイスをしている。読みやすく、楽しみながらも勉強になる本です。

本田宗一郎など有名人を「ちゃん付け」で呼んで、あたかも育ての親みたいなことを言っているのが笑えた。


ガネーシャの課題
  • 靴をみがく
  • コンビにでおつりを募金する
  • 食事を腹八分目におさえる
  • 人が欲しがっているものを先取りする
  • 会った人を笑わせる
  • トイレを掃除する
  • まっすぐ帰宅する
  • その日頑張れた自分をホメる
  • 一日何かをやめてみる
  • 決めたことを続けるための環境を作る
  • 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
  • 自分が一番得意なことを人に聞く
  • 自分の苦手なことを人に聞く
  • 夢を楽しく想像する
  • 運がいいと口に出して言う
  • ただでもらう
  • 明日の準備をする
  • 身近にいる一番大事な人を喜ばせる
  • 誰か一人のいいところを見つけてホメる
  • 人の長所を盗む
  • 求人情報を見る
  • お参りに行く
  • 人気店に入り、人気の理由を観察する
  • プレゼントをして驚かせる


人間の長い歴史において、どうすれば人は成功するか、についてはすでに解明されている。世の中にはたくさんの成功法則に関する書物があるが、それを読んだ人が全て成功するわけではない。

なぜか?それは、何もしないから。実行に移さないから。もし、何かを実行に移すのなら、昨日までとは違う何かを今日行うのなら、仮にその方法が間違っていたとしても、それは偉大な一歩です。


ガネーシャの最後の課題
  • やらずに後悔していることを今日から始める
  • サービスとして夢を語る
  • 人の成功をサポートする
  • 応募する
  • 毎日、感謝する



Amazonで探す
夢をかなえるゾウ 水野敬也


楽天で探す
夢をかなえるゾウ [ 水野敬也 ]



この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー




インサイド・アウト
インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということ。逆に、アウトサイド・インの考え方を持つ人は、環境によって被害者意識に悩み、自由を束縛された不幸な人々であり、自分が上手くいかない状況の責任を自分の周りや環境のせいにする。7つの習慣は「原則」を中心におき、人格に基づいた個人の成長、または有意義な人間関係の育成についてのインサイドアウトと呼ぶべきアプローチ。

P/PCバランス
金のがちょうの話がある。金の卵を早く欲しい欲望にかられ、がちょうを殺して腹の中を空けたが金の卵が無く、さらには金の卵を一切作ることができなくなった。それは、目標達成のP(Performance)と目標達成能力のPC(Performance Capability)のバランスが崩れたため。たとえば、昼夜問わず働いてお金は増えたが、病気になり結果としてお金を稼ぐ能力をなくしたが、休息を取ることによって以前の状態に元気良く働けるようになったなど日常的に実体験しているもの。

7つの習慣
  1. 第一の習慣  主体性を発揮する
  2. 第二の習慣  目的を持って始める
  3. 第三の習慣  重要事項を優先する
  4. 第四の習慣  WinWinで考える
  5. 第五の習慣  理解してから理解される
  6. 第六の習慣  相乗効果を発揮する
  7. 第七の習慣  刃を研ぐ

第一の習慣  主体性を発揮する
人間はほかの動物にはない自覚、想像力、良心、自由意志という独自の特性を持っているため、刺激に対して、自分の反応を選択する自由を持っている。反応的な人は、周りの環境に大きな影響を受ける。たとえば、他人の言葉に一喜一憂し、その都度遂行能力が変化する。主体的な人は、自分の天気を持ち合わせており、他人の行動や言葉に左右されない。主体性を発揮するということは、「自分自身はプログラマーである」ということ。


第二の習慣  目的を持って始める
目的を持って始めるということは、目的地をはっきりさせてから旅立つということ。目的地が分かれば、現在地もさらによく分かるようになり、いつも正しい方向に向かって歩み続けることができる。目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法のひとつは、ミッション・ステートメント(個人的な憲法、または信条)を書くことである。目的を持って始めるとは、「プログラムを書くこと」である。

個人のミッション・ステートメント
自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして、自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかすること。個人のミッション・ステートメントは、個人の憲法と言える。国は不変の憲法に基づいているから激しい変動を乗り越えることができる。正しい原則に基づいたミッション・ステートメントがあれば、個人にもゆるぎない方向性が与えられる。

原則中心
人には様々な生活の中心がある、夫・妻中心、家族中心、お金中心、仕事中心、所有物中心、遊び心中心、友達・敵中心、宗教組織中心、自己中心などである。これらの内いずれかに偏っている場合、個人の能力が制限されてしまう可能性がある。原則を中心におくことにより、周りのすべての事柄がバランスよく見えてくるようになり、上に述べた各々の中心について適切な行動が取れるようになる。

葬式のイメージ
原則を作り上げるためには、最終的に自分はどうありたいのかを考えると良い。自分自身の葬式に参列している家族、友人などにどいうった言葉をかけられたいか?から始めるとが、最終目的を見定めるということにつながる。


第三の習慣  重要事項を優先する
今まで、時間管理のあり方はチェックリストやメモを残したり、スケジュールを書き込んだりする行動だけに重点を置いてきた。しかし、私たちの活動を定義する2つの軸には緊急度と重要度があって、「大きな成果を出す人は、問題に集中しているのではなく、機会に集中している」と言える。彼らは、自分の能力を向上させる「緊急ではなく、重要な問題」に集中している。重要事項を優先するということは、「プログラムを実行する」あるいは、「プログラムどおりに生きる」ということである。

時間管理マトリックス
  1. 緊急かつ重要
  2. 緊急ではないが、重要
  3. 緊急かつ重要ではない
  4. 緊急ではなく、重要でもない

私たちが本当に成功するためには2の領域にのみ集中する必要がある。他の領域はノーと言える意思を持つ。緊急かつ重要なものは、重要視すべきだと考えるかもしれないが、荒波のようなもので、あなたを疲れさせるだけ。

新しい時間管理のツール
上記の第二領域の時間管理のツールには、6つの大切な特徴がある。
  1. 一貫性
  2. バランス
  3. 第二領域への集中
  4. 人間重視
  5. 柔軟性
  6. 携帯性

一貫性
優れた時間管理のツールは、自分のビジョンとミッション、役割と目標、優先順位と計画をうまく調和させてくれるものでなければならない。

バランス
時間間管理のツールは、生活にバランスを生み出すものであるべきだ。自分の健康、家族、仕事、準備、自己啓発などの大切な事柄が日々の生活の中でおろそかにならないように、生活のそれぞれの役割を管理できるようになっていなければならない。

第二領域への集中
緊急な問題を処理する活動よりも、事前の予知・予防などの第二領域の活動に集中するツールが必要となる。これを実行する良い方法は、週単位で計画を立てること。週単位の計画は、一日単位の計画よりも、はるかに生活のバランスがとりやすい。

人間重視
大切な人間関係について考えさせてくれるものでなければならない。

柔軟性
時間管理のツールは、あなたのニーズやスタイル、そしてやり方に柔軟に合わせるべきである。

携帯性
ツールは携帯に便利なものがよい。常にスケジュールやミッション・ステートメントを確認できるようにすること。


第二領域に集中した計画のプロセス
  1. 役割を定義する
  2. 目標設定
  3. スケジュール化(週単位で行う)
  4. 日々の対応

役割と目標設定の例

役割目標
自分の成長
  • ミッション・ステートメントを書く
  • 運動(ジョギング4回)
  • 専門誌を読む
父・父親
  • 妻とコンサートに行く
  • 息子の科学の勉強を見る
  • 娘の授業参観
  • 息子の自転車の修理
研究・開発
  • マーケット調査の検討
  • 結合問題の研究
  • 吉田氏との試験結果を検討
  • 専務に新商品のアイデアをプレゼン
人生を楽しむ
  • 夏季休暇の旅行計画



信頼残高
銀行口座からお金を引き出したい場合、残高があるのが前提で引き出すことができる。信頼残高とは、ある関係において築かれた信頼のレベルを表す比喩表現であり、言い換えれば、その人に接する安心感ともいえる。礼儀正しい行動、親切、正直、約束を守るなどの行動を通して信頼残高を作っていくことができ、そこに蓄えがあることにより、些細な間違いを犯したとしても信頼のレベルや精神的な蓄えがそれを補ってくれる。

信頼残高をつくる方法
  1. 相手を理解する
  2. 小さなことを大切にする
  3. 約束を守る
  4. 期待を明確にする
  5. 誠実さを示す
  6. (信頼残高を)引き出してしまったときは、誠意をもって謝る


第四の習慣  WinWinで考える
WinWinは、すべての関係において常に相互の利益を求める心と精神のことであり、お互いに満足できる合意や解決策を打ち出すことである。WinWinの状態に持ち込めないなら、どちらかがLoseとなるのではなく、No Deal(取引しない)という手を打つ。

WinWinを支える基礎
  1. 人格
  2. 関係
  3. 合意
  4. システム
  5. プロセス


第五の習慣  理解してから理解される
言葉だけで理解しようと相手の言葉に注力しているだけでは本当に理解したことにはならない。相手がどう思っているかという感情をもって理解することによって真の理解が得られる。

聞くレベル
  1. 聞くふりをする
  2. 選択的に聞く
  3. 注意して聞く
  4. 感情移入して聞く

感情移入の傾聴
相手を真に理解するための感情移入の傾聴には四つのレベルがある。
  1. 話の中身を繰り返す
  2. 話の中身を自分の言葉に置き換える
  3. 相手の感情を反映する
  4. 内容を自分の言葉で言い、同時に感情を反映する

効果的なプレゼンテーション
エトス(個人の信頼性)、パトス(感情移入)、ロゴス(理論)の順。つまり、人格、人間関係、それからプレゼンテーションの論理展開。ほとんどの人はロゴスばかり重要視して先に入っててしまう。


第六の習慣  相乗効果を発揮する 
第一~第五までの習慣は、この第六の習慣である相乗効果、つまりシナジーのための準備だと言える。高いレベルの相乗効果は、新しい案が生み出されたり、今までに存在しなかったまったく新しいものを作り出したりすることができる。

コミュニケーションのレベル
  1. 防衛的(Win-Loseあるいは、Lose-Win)
  2. 尊敬的(妥協)
  3. 相乗効果(Win-Win)

第三案
相手のやりたいことと、自分のやりたいことの食い違いによる衝突は起こってしまうもの。これを回避するには、第三案、つまりどちらにもメリットがあるWinWinな案を考えることが重要。


第七の習慣  刃を研ぐ 
刃の錆びたのこぎりで一生懸命に木を切り倒そうとしても時間と労力がかかってしまう。そこで、のこぎりの刃を研いで本来の力が出せるようにしてやれば、今まで以上に効率的にことが進む。刃を研ぐということは、第一から第六の全ての習慣を成長させるための必要不可欠な要素である。第七の習慣はP/PCバランスのPCに相当する。

再新再生
あなたの持つ自分自身という最も大切な資源を維持することであり、自分の中にある四つの側面を再新再生させることである。以下の4つを再新再生することを毎日の私的成功と言う。
  1. 肉体的側面
  2. 精神的側面
  3. 知的側面
  4. 社会・情緒的側面

肉体的側面
  • バランスのとれた栄養のある食事を取る
  • 十分な休養に心がける
  • 定期的に運動する(持久力、柔軟性、強さの3つの側面で鍛える)

精神的側面
  • 祈り
  • 瞑想
  • 音楽
  • 古典文学

知的側面
  • 読書(優れた書物を読む)
  • 意味のある文章を書く

コヴィー博士は現代人は膨大な時間をテレビに費やしていると述べ、読書については「定期的に優れた本を読むこと以上に、自分の精神を高め、養う方法はない」と言っている。


情緒的側面
  • 人と接する機会を持つ(普段の生活の中で第四~第六の習慣を実践)




7つの習慣 スティーブン・R・コヴィーをAmazonで探す


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



NLPの基本がわかる本 山崎啓支




NLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)NLPは1970年代にアメリカで開発されたユニークな心理学的手法。Neuroは五感、Linguisticが言葉、Programmingがプログラミングを表し「五感と言葉が脳の プログラムをつったり起動させるもの」と考えることができる。

人間力の最大化
人間力とは人間の潜在的な能力が顕在化することによって、人間が本来生まれ持っている能力を最大限発揮すること。能力は状態に左右される。また、状態はVAK(視覚(Visual)・聴覚(Auditory)・身体感覚(Kinesthetic))に左右される。つまり、VAKこそが人間力の最大化のキーとなる。

脳の3つの基本プログラム
1.空白の原則
「脳は空白を作るとそれを埋めようとする」空白とは疑問のこと。脳は「わからないという状態(空白)」をとても嫌う。逆に利用すれば、相手にわからなくてモヤモヤした状態を作り出してやれば理解したいという意識が高まる。推理小説などが典型例。

2.焦点化の原則
「意識は同時に2つのことをとらえるのが苦手である、よって焦点化が起こる」私たちは五感を通して外界の世界から情報を得ているが、焦点が当たっているものにしか気づかない(見えない)

3.快・痛みの原則
「脳は快楽を求めて痛みを避ける」

安全・安心欲求
空白の原則、焦点化の原則、快・痛みの原則の基本は「安全・安心欲求」がある。安全・安心欲求があるからこそ、3つの原則が成り立つ。これはコミュニケーションの本質を理解する上で非常に重要な概念。

プログラムは体験(実際に経験したもの、テレビなどで見たものも体験)によってできますが、いったんプログラムができたら今度はそのプログラムに支配される。

プログラムを意図的に作る方法
1.インパクト(強い体験)
2.回数(繰り返し)

強烈な体験なら1回でプログラムになる。(例えば、恐怖体験)また、普通の体験でも回数が増えればプログラムされる。(例えば、車の運転)


学習の4段階
1.無意識的 無能(知識を知らないし、学んでもいない)
2.意識的 無能(学び始めた状態)
3.意識的 有能(意識的に使えば知識が使える)
4.無意識的 有能(意識しなくても知識が使える)

ミスコミュニケーションの理由
相手に何かを伝えようとしても伝わらない原因は以下の2つ。
1.情報は省略される(体験で得た一部しか話すことはできない)
2.言葉の受け取り方には違いがある(相手は相手の過去の体験・経験をもとに想像しながら聞いている)
3.各人のフィルターで歪曲する(誰でも自分というフィルターを通して見ている)

ミスコミュニケーションの防止方法
1.省略・歪曲に関する質問(質問とは省略・歪曲された情報を取り戻す質問)
2.確認(話し手が伝えたかった内容と聴き手が受け取った内容のすり合わせ)

プレゼンテーションで身体感覚にアクセスする方法
人の気持ちを変化させるプレゼンテーションには、視覚(V)や聴覚(A)を刺激し、身体感覚へとアクセスする。

自問自答のコントロール
人は誰でも無意識のうちに自分自身に対して自問自答している。この自問自答が一日の状態に影響を与える。ネガティブな自問自答であれば、ネガティブになる。まずは気づくことが必要。

意図的に決まった質問をする習慣
ポジティブな自問自答を意識的にやることでポジティブになれる。

毎朝の質問リスト
・私の人生は今、何がなぜ幸せだろう?
・私は自分の人生で今誇りに思っていることは何だろう?
・今感謝したいことは何だろう?
・今もっとも楽しんでいることは何だろう?
・私は誰を愛しているだろう?なぜだろう?そして、私を愛してくれる人は誰だろう?

毎晩の質問リスト
・今日、何の役に立っただろう?
・今日、何を学んだだろう?
・今日、人生の質をどう向上させただろう?
・将来への投資として、今日一日をどのように使っただろう?など

ニューロロジカルレベル
NLPトレーナであるロバート・ディルツが体系化した理論で、「意識のレベル」に関する研究。5段階の階層になっている。

上位レベルから
1.アイデンティティー(WHO)  →使命、役割
2.信念・価値観(WHY)  →動機、許可
3.能力(HOW)  →戦略、計画
4.行動(WHAT)  →行動、反応
5.環境(WHERE WHEN)  →機会、制約

上位レベルに上がるほど私たち人間はより深く重要な部分に影響を受ける。


NLPの基本がわかる本 山崎啓支をAmazonで探す!


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



1063人の収入を60日で41%アップさせた人を動かす技術 世界トップクラスだけが知っている「コミュニケーションの心理学」 マイケル・ボルダック著



7歳のときに父親に母親を殺された著者マイケル・ボルダックは言語障害に陥り、何千冊も本を読み、NLP(神経言語プログラミング)に出会い、6ヶ月でNLP習得して言語障害(どもり)を克服。その後、コミュニケーションに力を入れてきた結果、富と人生の成功を収めている。その著者がコミュニケーションについて書いた本。

本書の目的は2つ
1.短期間で「他人とのコミュニケーション能力」を身につける
2.短期間で「自分とのコミュニケーション能力」を身につける

高いコミュニケーションスキルが無い人を、誰も雇ったりしません。実際、質の高い人生は、質の高いコミュニケーションから生まれる。

「勝者とは生まれつきのものではない。作られるものだ」つまり、成功は学ぶことのできるスキル。

フォーカスの重要性
成功者は自分が欲しいものに焦点を当てている。失敗している人は逆に自分が欲しくないものに焦点を当てている。

結果を想像できているか?
明確なゴールを持っている人は、社会の中で1%。ゴールを書き出して認識し、それを達成するための行動をとることが重要。

成功するには質問をすることから始まる。
欲しい結果は何か?それを達成するためには具体的に何をしなければならないか?という質問を自分自身に投げかける。そして、WEIT(What ever it takes)結果のためならどんなことでもする。。つまり、あらゆる努力をすることが大事となります。もちろん、法律を破ったり、他人を傷つけない範囲で。

ヘンリー・フォードが残した言葉
「成功するためには自分は何が欲しいのか、それを知らなくてはいけない」
「そして、その目標を達成するためには、どんなコストが伴うのか、何をしなければいけないのか、どんな行動をしなければいけないのか、それを知らなければならない。」
「それに対するコストだったり、負担だったりというものを覚悟して支払うことが必要だ」

リミッティング・ビリーフ
成功の妨げとなるネガティブな感情によって、自分自身の能力に知らず知らず制限を設けているものがリミッティング・ビリーフ。たとえば、テストの点数が悪い場合、「自分は知性的じゃない」というリミッティング・ビリーフが働いています。

リミッティング・ビリーフの見つけ方
ネガティブな感情や言葉を吐いていたら、それがリミッティング・ビリーフです。

脳はグーグルと同じ検索装置
ある言葉を想起したら、脳内でそのことについて一生懸命考え様々なイメージが出てくる。ただし、脳は善良判定ができないことにより、ネガティブなイメージを引き出す言葉を考えたら、それが現実のものとなってしまうよう潜在意識に刻まれる。それが脳の怖い点。ポジティブなことを考えるようになると逆に良い方向に向かう。

自分に対する質問例
1.成功者の質問
・目指すゴールは何だろう?
・自分が真に望んでいることは何だろう?

2.痛みを楽しみに変える質問
・私が人生で本当に欲しいものは何だろう?
・私はなぜそれが欲しいのだろう?
・私はそれを得るために何をする必要があるだろう?

3.億万長者の質問
・最悪の場合、どういうことが起こるか?
・それに対処できるか?

自分に力を生む質問
1.今どんな感情を持っているだろう?
2.どんな結果を出したいか?
3.今、人生で何に感謝できるだろう?
4.これの素晴らしいところは何か?
5.どう使えるか?
6.どうしたらより良くできるか?(改善KAIZEN)
7.このプロセスをどう楽しめるか?
8.今、何を与えることができるか?
9.今、完璧なこの瞬間に、どう感謝できるだろうか?
10.私にエネルギーを与えてくれる少量でおいしい料理は何か?
11.今日、何を学んだか?
12.今、自分に問いかけることができる最も良い質問は何か?

成功するための5つのフレーズ
1.答えが分かっているはずです
2.もしわかっていたら、何というだろうか?
3.やろう
4.できないとしても、やらなければならない。やらなければならないのなら、できる。
5.自分の本来のレベルは程遠い

コミュニケーションに占める割合はボディ・ランゲージが55%、声の大きさや抑揚といったトーンが38%、言語はわずか7%に過ぎない。ほとんどが視覚的なもの。それを考慮して、良い人間関係を築くためには以下の3つの方法があげられる。

良い人間関係を築くコツ
1.マッチングとミラーリング
相手と体の姿勢、体のすべてを真似し、体の使い方を合わせること。相手がアイコンタクトしたらアイコンタクトして、座ったら同じように座る。ジェスチャーする人ならジェスチャーする。ジェスチャーが控えめなら控えめにする。
2.褒め言葉
全ての人は尊敬され存在を認められたいもの。自分はこの人になにを感謝しているだろう?から褒め言葉を見つける。小手先の褒め言葉なら使わない方が良い。
3.相手を批判しない
4.許可を得る

この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



トヨタ式「スピード問題解決」 若松義人著


痛みが改善を早くする。失敗や挫折してもよい。

なぜを5回繰り返せ。もう十分と思っていても繰り返せ。そして真因をつかむ。

「分かったと思ったことにする」、「分かったつもり」は非常に危険。

見つからないなら見つかるまで探すのたトヨタのDNA。

改善の順序(ムダ金を出さないために)
1.作業改善
2.設備改善

トヨタは標準化(基準を作ること)を大切にしている。その理由は異常がすぐ分かるようになるからだ。

トヨタ式の改善の種類
1.ムダ取り型改善
日々の業務の中で、見えてくるムダ、問題を解決していく。
2.課題解決型の改善
あえて高い目標を掲げて、それに向かって問題解決に挑む。

トヨタ式の問題解決プロセス
1.問題点を発見する
2.現状を把握、分析する
3.真因をつかむ
4.新たな着想を得る
5.対策案を作成する
6.対策案を実施する
7.実施した後、確認する
8.成果を全員で味わう

会社に仕事しに行くのではなく、知恵を出しに行くと考える。

この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



最高のリーダー、マネージャーがいつも考えているたったひとつのこと マーカス・バッキンガム著



幸せな結婚生活のために知らなければならないたったひとつのことは
「おたがいの行動についてもっとも寛大な解釈を当てはめ、それを信じること」パートナーの○○は短所だけど、○○という長所もあると解釈したり、それを口に出してはいけない。それがいつか喧嘩や不仲の原因となる可能性がある。短所を全て長所に置き換える。

ドラッカーはマネジメントとリーダーシップをはっきり区別していない。これについて著者は反論している。具体的に以下の点で異なる。
1.リーダーの役割とマネジメントの役割は100%異なる。両者の違いを把握する必要がある。
2.組織全員がリーダーという概念は、正確さを欠き、それぞれ個々の役割を見失い組織が崩壊する。
3.優れたリーダーシップ、マネージャーには生まれながらの才能が必要だが、核となる才能が無ければ優れた業績を残せない。

優れたマネージャーは何をしているか?どんな才能が必要か?
マネージャーにしかできない社会への貢献は、ほかの人々に生産的に仕事をしてもらうよう環境を作ること。マネージャーは部下一人ひとりの成功に専念する。マネージャーになるには人から始める。

優れたリーダーは何をしているのか?どんな才能が必要か?
優れたリーダーは、よりよい未来に向けて人々を一致団結させる。優れたリーダーシップを支える才能は楽観主義と自我。リーダーの反対語は従う者ではなく悲観主義者。リーダーが専念するのは未来である。リーダーになるには、自分の向かう未来像から始める。

マネージャーとして失敗しないための4つのスキル
1.きちんと人を選ぶこと(凡人を一から育てるのではなく、優れた能力を持つ人をしっかり選別する)
2.期待する仕事の内容をはっきり示すこと
3.褒めることと認めること(良い仕事をしたら褒めて、その行動を繰り返してもらうのを促す)
4.部下に気づかいを示すこと(部下の生産性を上げることにつながる)

優れたマネージャーなら誰でも知っている「たったひとつのこと」とは、部下一人ひとりの特色を発見し、それを有効活用すること。チェスに似ている。

ある人材を有効活用するために、その人について知っておくべき三つの手がかり
1.強みと弱み
凡庸なマネージャは部下の弱い部分を努力するように仕向け、弱みを克服した勤勉さを褒める。優れたマネージャは部下の自信過剰を心配はせず、生まれつきの強みを生かせないことを心配する。

2.引き金
部下の才能を引き出すためのもの。間違った引き金を引くとやる気を削いでしまう。

3.学習スタイル
分析、行動、観察の3スタイルでどれが一番向いているかを考え、それに適した指導を行う。

リーダーシップの規律(最高のリーダーシップはどうやってそこへ到達するのか?)
1.考える時間を作る
2.慎重にヒーローを選ぶ
3.練習する

継続的な成功のために知らなければならない「たったひとつのこと」は、自分がしたくないことを見つけ出し、それをやめること。(弱みとなることをやらず、強みを常に生かせる状態にすることで成功できる)

この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



プレイングマネージャーの教科書 田島弓子



仕事がバリバリできるライオンタイプのマネージャーよりも、仕事できないが細やかな気配りができるシマウマタイプのマネージャーの方が仕事が回る。上司がダメだと部下がやらなければ、助けてあげたいという気持ちになる。

ビジネス・コミュニケーション白書2010において、コミュニケーションが不可欠なものであると答えた人は全体の9割であるにもかかわらず、満足できていないのは7割強。

コミュニケーションはたった5秒でできる。

あいさつは上司から行う。

「最近どう?」「いい話?悪い話?」といった部下への話しかけで話しにくい状況をなくす。どんなに忙しくても話しかけるなオーラは出さない。

コミュニケーションもTODOリストに書き込み、アクションの一つに組み込む手帳術もある。同様に部下のデッドラインも手帳に書き込んでフォローする。

この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



         
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。