スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年最新版kindle購入しました。もはや紙の本いらないかも!?

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>




新しいkindleで何が変わったのか?一言で言うと、より軽くなり、操作スピードが圧倒的に早く、しかも安くなりました。たぶん、これからますます電子書籍がより一層世の中に浸透して行くんだと思います。

新型kindleの重量はわずか191gです。kindle Paperwhiteが215gなのでさらなる軽量化が進んだようです。ちなみにiphone6プラスが172gなのでわずか20g程度の違いです。かなり軽く、片手で持っても負担にならないと言って過言で無いレベルです。

最近は時間があれば常にkindleを開いて本を読んでいます。移動中はもちろん、ちょっとした待ち時間や空き時間が読書の時間に変わります。重い本を持ち歩く必要がなくなります。

最近、iphoneにしてもkindleにしても本当に昔欲しかったと言うものが実現されていくのを見ていると嬉しくもあります。

kindleではすべての本を取り扱ってないので、それ以外の本については紙の本を購入しています。名著は意外とkindle化されているので何度も何度も繰り返し呼んでいます。特に海外の名著は無料かありえないぐらいの低価格で販売されているので要チェックです。

名著を繰り返し読むことはつまらない本をたくさん読むよりもよっぽどためになります。忙しいビジネスマンでなくても読書に費やせる時間は限られているので1年間で読むべき本の数は自ずと決まります。

読むべき本は、Amazonのランキングを見て上位のものや、セミナー等に参加してお勧めされた本を優先的に読んでいます。


実は私も最近kindle最新版に買い換えました。キャンペーン情報つきモデルです。キャンペーン情報といっても難しいことではなく、ただ単に本を読んでいないときにAmazonの広告が表示されるだけです。本を読むにあたってはなんら差し支えは無いと思います。

Amazonからの注文で自宅に届いて開けてみたところ、高価な感じの箱に入って届きました。

IMG_0949.jpg



中身は充電ケーブル、kindle本体、説明書が入っています。ちょっと操作してみた感じでは、かなり軽くなって、スピードが早くなっているので読書時のストレスを感じません。これなら長く使えそうです。

IMG_0950.jpg


私は2つ前の旧モデルを使っていたのですが、速度の遅さで常に使い続けることに若干のストレスを感じていました。

最近のソフトウェアのアップデートにより若干操作速度が早くなりましたが、それでも指の操作と画面の変化には若干の差が生まれていて、電子書籍を読む頻度が減りつつあったのが現状でした。

新型kindleを使ってみて「早い!」感動するぐらい早くなっています。これなら毎日の空き時間、移動時間が読書に変わりそうです。

最新版のkindleは定価が6,980円ですが、Amazonプライム会員であれば3,000円オフの3,980円で購入することができます。今まで重い本をでかいかばんに入れて持ち歩いていたんですが、これなら軽量バックに入るようになり旅先であっても読書を楽しめます。もうすぐ、読書の秋ですもんね。

ただし一つ注意点があります。それは、kindle paperwhiteとは違ってバックライト機能がなくなっているということです。今まで暗い中で読んでいた方は読めなくなります。

暗いところでは目を悪くするので読まないのがベストでしょう。通常の本と同じと考えれば特に問題は無いとは思います。また、電子デバイスで溢れている世の中なので、ブルーライトを見ずに読書ができるというのは精神衛生上も良い。

特に寝る直前にパソコンやスマホをいじると睡眠の効率が落ちると言われていますが、kindleのバックライト無しバージョンであればおそらく問題無いかと思います。そういった点でも逆に良いんじゃないかとも思います。

どうしてもバックライトが欲しいという方は、kindleではなくてkindle paperwhiteを検討されるのが良いかと思います。

私はiphone6プラスを持っているのでそちらでもkindle読めるんですが、やっぱり画面のサイズがより大きいkindleで読んだ方が読みやすく早く読めます。速読されている方はぜひkindle端末を使って読書をして、大切な時間を有効活用しましょう。

購入したのはkindleキャンペーン情報付きモデル。これです↓
Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

スポンサーサイト
         
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。