スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2022-これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典




神田昌典さんは、多数の成功企業やベストセラー作家を育成し、
総合ビジネス誌では、経営コンサルタントで「日本一のマーケッター」に選出されている。


『ユダヤ人大富豪の教え』という本はとても有名ですが、
一風変わっている成功に関する本『非常識な成功法則』などの著者でもある。


下記の本については、過去のブログ記事をご覧ください。
ユダヤ人大富豪の教え
非常識な成功法則


実はこの本は、神田昌典さんが2010年12月に46歳で癌を告げられ、
それを乗り切って書かれた、とても思いのこもった本です。


神田昌典さんは、次のような未来予想をしています。
大胆ですが、意外とあたるそうです。


2013年中国、アメリカが激震。金融危機が発端か?
~2015年国の体制が変わったり、価値観がひっくり返るほど大きなことが起こる。
2016年国家財政破綻。貯金、年金も二束三文になることを覚悟しなければならない。
2022年頃次世代産業(エネルギー、医療、バイオ、環境、ロボット等)の雇用始まる
2024年頃会社がなくなる?
2033年NPOが雇用の中心的な受け皿に。
~2050年診断技術が格段に進歩し、病気が激減する。
~2067年食糧革命が起こり、貧困がなくなる。


この大胆な予想は、歴史学者Strauss&Howeによる『Generations』という
本でも書かれている、歴史は70年周期で繰り返すというものからきています。


これからの日本はどうなるの?それほど悲観的する必要はありません。


人口ピラミッドは完全なる逆三角形ではなく、いびつな形をしています。
団塊世代と、団塊ジュニア世代(現在40台前半)がいるんですね。


この団塊ジュニアが働き盛りの間は安泰ですが、
2020年以降は完全な逆三角形となり少子化が進みます。



   総務省HPより参照



少子化になると働く世代が少なくなるので、消費が落ちて、労働人口も減ると懸念される
かもしれません。しかし、日本人で一番金持ちは高齢者と言われています。


健康や死を先延ばしにできるのであれば、お金をつぎ込む。つまり、
いままでは30代、40代が最も消費市場であったのが、高齢者側にシフトしていくのです。
今後、高齢者向け市場が開拓され、圧倒的に素晴らしいビジネスが提供されているはずです。


そういったビジネスで富裕層が増えるとのことですが、
2025年頃になると中国はなんと3億人もの高齢者がいるそうで、
成長が止まり日本へ中国人の富裕層が殺到することも考えられるそうです。


こうして、クリエイティブかつ慈悲に溢れた国になります。


さて、2024年頃に会社がなくなるという大胆予想をされているのですが、
これには成長曲線により裏づけされています。


成長曲線とは、導入期、成長期、成熟期からなるサイクルのことですが、
Sカーブとも呼ばれています。


初期段階ではある導入期は、立ち上がりなので成長はゆっくり。
それが真ん中の成長期になると、グンと伸び率が上がり、
一気に成長・発展。一通り成長したあとは成熟期に入る。
伸びは再び鈍化して、サイクルの終盤となる。


この、導入期、成長期、成熟期はほぼ同じと考えると
1/3づつの期間になります。


これを、i-Phoneに適用すると販売時期から売上が伸びた時期を
カーブに表せば、成長期の終わりは2013年頃になり、
成熟期の終わりは2016年になることが予想される。


つまり、i-Phoneはもっても3年ということです。
それまでにアップル社がどのような戦略に出るか興味ありますね。


会社については各年代で企業寿命というものがあり、そこから
考えた結果2024年が「会社」というコンセプトの終焉。
つまり、資本主義という形が終わることになります。


これはデータだけで語った内容ですが、実際に会社の未来を阻む
三つのこと
があることが書かれています。ここでは割愛します。


楽天で探す
2022-これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典


Amazonで探す
これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



家庭教師のだるま


スポンサーサイト

ニュースの裏を読む技術 深澤真紀




今回は『ニュースの裏を読む技術』という本を読んだので紹介します。


この本の著者である、深澤真紀さんは今では有名になっている
「草食男子」という言葉の生みの親です。


「草食男子」という言葉は深澤さんが
意図した意味とは正反対に伝わったそうです。


メディアは怖いもので一度情報が伝わってしまうと
世の中の人はなかなか考えを変えようとはせず、
逆にその言葉を活用したり便乗する人が溢れてきます。


メディアのみならず友人との会話の中にも
「今はひどい世の中だ」「想定外の時代だ」
「あの時代は良かった」といったもっともらしい
情報が溢れています。


人は「もっともらしい」記事を見ることに慣れてしまうと
それが当たり前になって、それ以上物事を掘り下げなくなります


ニュースや新聞や本で書かれていたり、
たくさんのことが正しいと思っていることでさえ
真実は違っていることさえあります。


なぜ、「もっともらしい」発言をしたりするのか?
それには2つ理由がありそうです。


一つ目は、世の中で言われていることに合わせておけば
「君は良く分かっているね」と思われプライドが維持される。
ということです。


「今の時代は最悪である」という発言をすることによって、
自分は世の中のことをいかにも分かっていると思われ、
逆に「今はいい時代だ」と言えば、分かってるの?
と馬鹿にされるかもしれません。


実は、最近書店で経済に関する本を見ていると、
少し前とは違って日本経済を楽観視する本を
多々見かけるようになってきました。


これは、今までの流れを崩して目立たせることによって
注目を大きく集めるという戦略があるのかもしれません。


二つ目は、勉強不足や思い込みがあるように思います。


記者であれば、厳しいデッドラインがあるので
最初から「こういう記事にしよう」といった筋道を立てて
いることも少なくないと思います。


ニュースや本であっても、「これは本当なのかな」
とデータや裏側を見るようにする習慣を身につけると、
情報に惑わされずに済みます。


調べるの大変かもしれませんが、今はインターネットが
普及しているので10秒ぐらいあれば調べることができてしまいます。


その検索結果も、人の意見を鵜呑みするのではなく
データだけを信じることですね。


この「もっともらしい」記事についての例を紹介していますが、
本書で取り上げられた中で一つ例を挙げます。


「今の大学生は就職率が下がっています。」
そうメディアが報道していても、
あまりにも当たり前で見向きもしないニュースです。


ところが、昨年の5月に厚労省と文科省が
「この夏の大学卒業生の就職率は93.6%、就職者数は35.6%で、
4年ぶりに上昇、前年を2.6ポイントも上回った」と発表したそうです。


93.6%というデータだけを見ると、就職率は高いと感じるかもしれませんが、
データの取り方(母数)に問題があります。


母数を大学の卒業者数55万人で計算すれば64.8%となるところを、
母数に就職希望者である38.1万人としているところです。


就職希望者数で取った場合、たとえば就職をそもそも諦めている人や、
大学院に進学する人が含まれません。


そのため、予想よりも数字がいいな?なんかおかしいと思ったら、
鵜呑みにせず「あれ?」と数字を疑ってみるのが手です。


景気を立て直したいという意図があって、悪いニュースを
無理やり良いニュースに見立てようとしているなどの
裏側が見えてくるかもしれません。


『ニュースの裏を読む技術』をAmazonで探す
ニュースの裏を読む技術 深澤真紀


『ニュースの裏を読む技術』を楽天で探す
ニュースの裏を読む技術 深澤真紀


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックしていただけると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない 午堂登紀雄




厚生年金の保険料
厚生年金の保険料は2003年4月の13.5%から段階的に0.354%ずづ引き上げられ、2017年以降には18.3%に固定することが決まった(会社と従業員で折半となるので、実質9.15%)


日本人の給料は下がり続ける
少子高齢化で高齢者が増え、お金を使う人口が減ると、内需は縮小し、企業も給料を支払う余力が減退する。2010年に1億2805億人だった日本の人口は2050年には1億人を割り込むと予想されている。

今後の日本企業は、受注単価の下落と、受注件数の減少という状況に見舞われます。そして、私たちも月給・賞与・退職金のあらゆる所得が減少するリスクにさらされています。


世界同時賃金デフレの到来
日本人が今やっている仕事を、「私なら月5万円でやるよ」という人が現れたら、その仕事は日本国内だけでなく、世界中で月額5万円に近づいていきます。仕事を続けたいなら月額5万円で働くしかない世の中になるのです。

実際、新興国では日本の賃金の1/5、1/10はざらです。

たちのあらゆる仕事が、世界標準の賃金に収斂していきます。つまり、日本人から見ると、賃金は急速にデフレ化していくということです。


日本の国債
累計国債1000兆円、税収40兆円、毎年の新国債発行額40兆円。わかりやすくいえば、年収400万円の人が、毎年800万円使い、借金が1億円ある状態。

2012年度予算が、47兆円という過去最高額の国債発行額となる予定です。必死になって支出を抑えているのでしょうか?とても返済意思のある人の行動とは思えない状況。それが日本です。


破壊の後の創造
日本経済は遅かれ早かれ経済破綻すると言われています。日本だけでなく、アメリカ、EUもそのような状況にあるといいます。一度破綻してしまえば、超円安によって製造業を始めとした輸出産業がやがて息を吹き返し始めます。

現在の社会体制・政治体制はいったん崩壊し、多くの国民が犠牲となり、そこから「新生日本」が始まるのです

Amazonで探す
日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない 午堂登紀雄



楽天で探す
日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない 午堂登紀雄


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



消費税のカラクリ 斎藤貴男





消費税は国税滞納額ワーストワン

消費税はあからさまな金持ち優遇税制。低所得者ほど収入に対するお金の消費割合が高い。つまり、納税の割合が大きい。これを逆進性※と言う。

※逆進性:消費税率が上がると低所得者ほど収入に対する食料品などの生活必需品購入費の割合が高くなり、高所得者よりも税負担率が大きくなるということ。

消費税はあらゆる税制の中で、最も滞納率が高い税制 。国税庁2007年の調査では29.2%が滞納されている。

消費税が3%から5%に上がったのは1997年4月。消費税を上げたことによって、税収が上がるかと思いきや、逆に滞納が増えむしろ税収は減った形となった。

消費税が上がって、一番苦労するのは自営業者や中小企業。今まで990円で売ってきたものを消費税が上がったからという理由で1000円の大台に上げると売れなくなるという真理があって、会社側が負担せざるを得ない状況。

滞納している理由は、「価格を消費税に転化できない」事業者が増えてきたため。


消費税と自殺者の数
消費税がこれから二桁の時代になると、上記の通り自営業の負担が増えるため自殺者が急増するとも言われている。

過去にも消費税が上がった1997年の翌年には、年間2万人で推移してきた国内の自殺者数が1998年には8000人増えて3万人の大台を超えた。もちろん、消費税だけが原因ではないが、 それ以降12年連続で3万人越えしているが、3万人といえば年間の交通事故者数の約6倍にあたる。


日本の消費税率は低いか?
消費税5%の内訳は、4%が国税、1%が地方税。税率は4%でしかないが、国税収入に占める割合は22%にも達する大きな税率。

英国、ドイツ、イタリア、スウェーデンは付加価値税率(日本で言う消費税)は17%~25%と高いが、国税収入の22~27%と日本と比べて同じぐらい。


消費税の問題点
  1. 逆進性
  2. 益税
  3. 消費ないし景気を冷え込ませる

逆進性
低所得者ほど収入に対する食料品などの生活必需品購入費の割合が高くなり、高所得者よりも税負担率が大きくなるということ。

益税
消費者が消費税のつもりで支払った金額のうち、合法的に事業者の手元に残る金額のこと。

消費ないし景気を冷え込ませる
説明するまでもなく、消費税の増税は消費を冷え込ませる。


Amazonで探す
消費税のカラクリ 斎藤貴男


楽天で探す
消費税のカラクリ 斎藤貴男


この記事が少しでも何かのお役に立てましたら、
人気ブログランキングの応援クリックをお願いして頂けると幸いです☆


本・書籍 ブログランキングへ


読書一覧ブログTOP
http://shingoonline.blog.fc2.com/



         
本・書籍ブログランキング

有名なブログランキングの本・読書カテゴリで 10位/612サイトになりました!

プロフィール

freedom

Author:freedom
リンク、相互紹介は大歓迎です。任意の記事へコメント頂けたらと思います。
また、献本も歓迎します。献本頂けましたら、ブログ、facebook、twitter等にてご紹介させて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ情報

2011/10/17
ブログ新規作成

2012/01/08
リンク見直し、ランキング追加

2012/02/06
googleページランク3到達

2012/04/14
リンク見直し

2012/12/25
googleキーワード検索「読書 ブログ」で第6位」

2013/01/03
SEO対策済みテンプレートに変更

メールフォーム

献本のご依頼はこちらへお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご献本履歴 感謝♪

☆自由国民社 館野愛 著『夢を引き寄せるお金の授業』
☆早川書房 木村尚義 著『ひらめく人の思考術』
☆リトル・ガリヴァー社 武田久生著『月光町ブルース』

サイトマップ

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブログ内検索ができます。検索キーワードを入れてください。

ブックマーク登録


カウンター

アクセスカウンタ


現在の閲覧者数

リンク

このブログをリンクに追加する

アンケート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。